ニキビ治療の種類と正しいニキビケア

ニキビとは、毛穴に古い角質や皮脂がたまることで引き起こされる皮膚の炎症性疾患です。
よくある症状のためセルフケアで治そうとする人も多いですが、皮膚の病気のため皮膚科で治療することもできます。
ニキビ治療の種類は様々なものがありますが、適切な治療やケアを行うことによって症状の悪化を防ぐことができ、早期治療につながります。

具体的な種類としては、炎症が発生している赤ニキビには抗生物質が含まれている外用薬が処方されます。
毛穴に詰まった古い角質や皮脂はアクネ菌などの菌によって炎症が起こるため、抗生物質で殺菌することで改善することができます。

炎症が重度の場合には、経口摂取で抗生物質を取り入れます。そうすることで内側から改善することが可能です。
ストレスなどの影響で女性ホルモンの分泌が減る、男性ホルモンが多くなるとニキビは出来やすくなります。

そのためホルモン治療によってホルモンバランスを整えるのも有効で、低用量ピルの処方や抗男性ホルモン薬の処方などが行われます。
ビタミン不足の場合には、ビタミン剤を処方されることもあります。
炎症していない場合には、毛穴の中に詰まった角質や皮脂を取り除きます。

よく行われるのが面皰圧出です。ニキビの先端にハリやレーザーで花を開けたら、専用の器具を使って毛穴の中身を押し出します。
自分で無理やり絞り出す人もいますが、穴を開けずに圧出すると圧力をかけた時に皮膚が破れてしまい、大きな穴が開いて跡が残ってしまいます。

ただしく圧出すればニキビの治りが早くなり、再発しづらいというメリットがあります。
保険治療ではありませんが、ケミカルピーリングも有効です。ケミカルピーリングとは皮膚表面に酸性の薬剤を塗って、毛穴に詰まっている古くなった角質や皮脂を溶かして除去する方法です。
余分な角質を取り除くことで皮膚の新陳代謝を高めて、皮膚の再生を促すためニキビ治療だけではなくシミやシワなどにも効果があります。

背中ニキビに効くクリームのランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です