転職活動で大切なこと

転職を考える方は世の中に数多く存在すると思います。私もその一人でした。
転職を考える理由は人それぞれだと思いますが、私の場合は職場の人間関係が煩わしくなったというのが主な原因です。
これから先、ずっとこの人たちと毎日のように顔を合わせなければならないのかと考えると、食べ物もおいしくなく、何をする気も起きませんでした。
そのために新しい職場を考えたのですが、ここで大きな失敗をしてしまいました。
次の仕事を決める前に、その当時の職場に辞意を伝えてしまったのです。
仕事くらいすぐに見つかると考えていたのですが、現実はなかなかそんなに甘くありませんでした。
雇用保険には入っていたのですが、自己都合退職の場合、雇用保険が支給されるまでに約3カ月かかります。
3カ月もぶらぶらしていてはすぐにお金に困ってしまうので、仕事探しを焦らざるを得ませんでした。
面接に行くのも、面接用の写真や資料を作成するにもお金がかかります。
何社も何社も続けて面接に行くと精神的にも疲労していきます。
次第に面接を受けに行くのが面倒になり、転職候補の会社探しさえも億劫になっていきました。
面接から採用までの期間についても、最初のころは気にしていませんでしたが、転職活動も長期間になって手元のお金が不安になってくると、条件が良くても実際に就職して給料が支給されるまでの期間が長いと、あきらめて候補から外さなくを得なくなりました。
もし、その当時勤務していた会社に在職中に仕事探しをしていたら、もっと気持ちに余裕をもって、じっくりと納得いくまで会社探しが出来たと思います。
これから転職を考える方に私からアドバイスさせていただくとすれば、たとえ今の会社にどれほどの不満があっても会社を辞めるのは転職先が見つかってからにした方が、精神的にも金銭的にもはるかに負担が少なくて済むということです。
今の会社(職場)から一刻も早く離れたいという方もいるでしょうが、新しい仕事先が見つかるまでは、それまでの我慢料だと思って仕事を続けたほうが良いと思います。

東京・神奈川・埼玉・千葉の医師の転職|エージェントおススメTOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です