ニキビで困った経験を踏まえて普段から行っているケアについて

私は普段からニキビが出来てしまって困ったり嫌な気分になる事があります。

今回はそんなニキビで困った経験やそれを踏まえて行っているケアについて書きたいと思います。

私は思春期の頃にはよくニキビが出来ていたのですが成長と共に出来る頻度は減少しました。

ただそれでもニキビが出来てしまうことはあり特に緊張するような出来事があるとそうなる事が多いです。

例えば面接の時や重要な仕事がある時などは本番が近づくに連れて緊張が強くなり当日には毎回ニキビが出来てしまいます。

また日頃から便秘気味で定期的にお腹を下しては全部出すという事を繰り返してしまいますがその前後にはニキビが出来る事が多かったです。

毎日きちんと洗顔をしてもニキビが出来てしまうので何とかしたくて調べたら胃腸の調子もニキビに影響がある事が分かりました。

今までの経験則から考えてみたところ思春期の頃はともかく大人になってからはニキビが出来る時は胃腸の調子が悪い時が多かったように感じました。

そこで胃腸の調子を意識して生活するようにしたところ確かにニキビが出来るのとお腹を下してしまうタイミングがほぼ一緒だと言う事に気付きました。

それ以降は洗顔だけでなく胃腸の調子を整えるように日常的に気を配るようにしています。

具体的には食物繊維を多く摂るようにしたりよく噛んで食べるように心掛けています。

また日頃から運動を積極的にやったりお腹をマッサージするなど色々と試してみたところ以前よりもニキビが出来なくなったと感じました。

少なくとも肌だけに気を配っていた時よりも良くなっているのでニキビに悩んでいる方は胃腸の調子を整えることを心掛けてみてください。

ニキビ跡に効化粧水&美容液

たばこで黄ばんだ歯を白くしたい

長年煙草を吸っていましたが健康ブームや喫煙場所の確保、肩身の狭さ、値段の上昇などたばこを吸っているメリットはほとんど感じられなくなり思いきって禁煙してみました。禁煙自体は楽ではありませんでしたが今まで気になっていた自分の歯の色がたばこをやめる事によってこれ以上悪化しないのならと歯のホワイトニングをしたい気持ち強くなってきました。たばこを吸っている時にホワイトニングをするのでは意味がなく思っていたからです。禁煙を気にホワイトニングをするのは私だけではないと思いました。

しかし、歯科医院でのホワイトニングはなかなかの料金が必要となっており、すぐに決断することができませんでした。以前からよく目に止まっていた市販の歯磨き粉にもヤニ取りやホワイトニング歯磨き粉がある事を知っていたのでまずは使ってみる事にしました。普通の歯磨き粉に比べて行く分高い気がしますが歯科医院に行くよりはと躊躇なく数種類購入して磨いてみる事にしました。

クリアクリーンホワイトニング、アパガードプレミオ、オーラツーステインクリアとよくコマーシャルで見ていた事もあり有名な所ばかりをチョイスして、毎食後に丁寧に磨いていきました。歯ブラシもちょっと良いものに変えてよりよくブラッシングしていきました。

1か月程すると歯の表面は白くなってきましたが歯の隙間や根本は以前と変わりませんが、この調子で毎日コツコツと白くなればよいと思い、続けて行きたいと思っております。

歯の黄ばみ ホワイトニング 歯磨き粉

生活を見直したことがニキビを治したきっかけ

私がニキビに悩まされるようになったのは20代前半、就職してからでした。
いわゆる大人ニキビというものです。

学生時代、思春期ニキビも肌トラブルも無かったのでニキビに対する知識はほぼゼロでした。
フェイスラインにできるニキビが大人ニキビだとは知りもせず、思春期ニキビ用のスキンケアをしていました。
もともと乾燥気味の肌質だったのに、やたらとオイリー肌対策をしてしまい、二十代前半で小じわが気になりだす始末でした。

自分ではどうしようもない肌トラブルにまで発展して、しぶしぶ皮膚科に行きました。
そこで初めて大人ニキビたるものの存在を知ったのです。
今までの自分のスキンケアを見直すべく、その足で書店へ行き基本的なスキンケア本を購入しました。

この日から私の初めてのスキンケア勉強が始まり、自分の生活を見直すきっかけになりました。
まずは肌全体の炎症を抑えるために過度な洗顔は止めました。
それだけでも随分肌が柔らかくなりました。
ニキビが気になる時や肌のごわつきを感じる時は、二日に一度くらいのペースでピーリングしていた自分が恐ろしいです。

そして週末の夜更かしもニキビが治るまでは禁止、大好きなスナック菓子も禁止、そのかわり果物を積極的に食べ、ゆっくり湯船に浸かったり、とにかく本に書いてあることは何でもやってみました。
その後だんだんと肌は落ち着き、あんなに繰り返していたニキビも生理前にポツリとできる程度になりました。

そして今ではめっきり大人ニキビも顔を出しません。
変わったことは私のライフスタイルです。
肌を綺麗にしよう、ニキビを治そうと生活すると、自然と健康的な生活になりました。
高級なスキンケア用品でも微動だにしなかった肌が、ライフスタイルだけでガラリと変わりました。

確かにスキンケアはとても大切です。
しかし、その前に自分の生活が健康的かどうか、肌にとって害のある生活をしていないかを一番最初に考えるべきだと思います。

ニキビ跡 薄くする 美容液

出産より辛かった悪阻

妊娠の喜びもつかのま、つわりは急にやってきました。

まだ仕事をしていたとき、いつものようにお昼を食べて出先に向かおうとしたとき、急に吐き気がやってきたのです。その後も何を食べても気持ち悪い日々が一週間続きました。そのあと、出勤の電車も一駅ごとに降りては乗るを繰り返すようになり、あまりの気持ち悪さに早退して帰ったあとから、動けなくなってしまいました。

次の日に夫に病院に連れて行ってもらったら、尿検査でケトン体の数値がかなり高く、入院になってしまいました。それまで全くの健康で入院などしたことがなかったので、かなりショックでした。

入院しても吐き気は変わらず、点滴で水分を補ってもらっているものの、口からは一日に500mlのペットボトル半分をのむのがやっとの状態でした。入院中も隣の方の食事の匂いやテレビの音や太陽の光さえも気持ち悪く感じ、ずっとカーテンを閉めて、ひたすら横になっている日々…。妊娠前から7キロやせました。

そこから1か月後ぐらいから、少しずつ食べられるものがでてきて、水分もなんとか摂れるようになり体重の減少も止まり、約50日の入院後退院しました。

しばらくは食べられるものが偏っていました。お水は飲めないのに、フルーツ牛乳とオロナミンCなら飲むことができ、果物はスイカのみ、なぜかフライドポテトを好んで食べていました。よくあんなに偏った食事で赤ちゃんがちゃんと育ったものだなぁと思います。

食事は妊娠6ヶ月を過ぎたころから普通に食べられるようになったのですが、なぜか、出産前までよだれが大量に出て止まらないという症状に悩まされました。何をしていてもよだれで吉の中がいっぱいになって気持ち悪かったです。

赤ちゃんはとっても可愛く宝物ですが、いまだに悪阻の入院中にテレビで流れていた曲などを聞くと当時の気持ち悪さがよみがえってきます。

妊活におすすめな葉酸サプリはこれ

油っぽい肌を何とかしたいという方にはコンニャクがおすすめ!

ニキビがたくさんでて困っている、肌が油ギッシュで困っている、という方にお勧めのアイテムがなんとコンニャクです。
ドラッグストアで売られています凍りコンニャクは500円ほどで手に入ります、昔からあるアイテムです。

凍りコンニャクをお風呂のお湯で柔らかく戻しまして、プルンプルンの状態になったときに洗顔に使ってみましょう。
石鹸を凍りコンニャクにつけ、軽く泡立てます。
ゆっくりとお顔を丁寧に洗ってみましょう。

ボディも凍りコンニャクで優しく洗ってみましょう。
タオルで洗う時よりも優しい洗いあがりですので肌が弱い方にもおすすめです。

凍りコンニャクの中にもなかなかハードな素材のものもあります。
まずは、肌に合うか合わないかをお顔の前にボディで試してみるようにしてみましょう。
肌に優しい凍りコンニャクだということを確かめましたら、洗顔に最適です。
優しく肌の老廃物をぬぐいさってくれますので、美肌効果が抜群だといわれています。

自宅で凍りコンニャクはなかなか作成することはできません。
しかもドラッグストアで販売されている凍りコンニャクはお風呂に置いていましても、かびにくいですし腐りにくくなっています。
小さな子供さんからお年を重ねた方まで優しく使えるスポンジですから一度お試しになってみてください。

ニキビのお顔をこすらず優しく洗い上げるスポンジは凍りコンニャクがおすすめです。
肌を痛めずにニキビをケアしてしっかり老廃物を取り除きましょう。

※ニキビ跡の凸凹に化粧水はダメ?本当に効くおすすめ化粧水は…

チョコレートが原因でニキビができる?

私はチョコレートが大好きです。
チョコレートを食べるとニキビが増えるといわれていますが、チョコレートばかり食べていたからなのか、ニキビができてしまいました。

最初はチョコレートが原因だとは思いませんでした。
そのため、ニキビは洗顔をしっかりすることが大切だといわれているので、洗顔をしっかりと行いました。
スクラブ洗顔、ニキビ用洗顔料など、いくつかの洗顔料を試してこともあります。
しかし、洗顔を念入りに行ってもニキビは改善しません。

ニキビ用クリームを使用したこともあります。
ニキビ用クリームを塗って一晩眠ると、翌朝にはニキビが小さくなっています。
しかし、またすぐにニキビができてしまって、根本的な解決にはなりません。

あるとき、甘いものは肌を老化させるとテレビで聞いて、大好きだったチョコレートの摂取量を減らしました。
大好きなものを控えるのはつらいですが、肌が老化するのは嫌です。肌のためにチョコレートは控えました。
すると、ニキビができにくくなってきたのです。
これはもしかしたら食べているものが原因かもしれないと思って、完全にチョコレートを食べるのをやめました。
完全にやめた結果、ニキビはまったくできなくなりました。

後から知ったことですが、チョコレートを食べてもニキビはできない人もいます。
でも、私の場合はチョコレートの食べすぎが体に合っていなかったのかもしれません。
チョコレートは脂質や糖質が多く、これらが原因で皮脂分泌が多くなり、ニキビができてしまったようです。

背中ニキビを治す方法でおすすめなのは…

妊娠前からの葉酸サプリ

妊婦さんにとって、葉酸を摂取することが大切だということは広く知られていると思います。お医者さんや助産師さんから指導されるケースもありますし、妊娠がわかってから葉酸サプリを飲み始める方は多いのではないでしょうか。

実際に、私も葉酸サプリを飲み始めたのは、妊娠がわかってから、2ヶ月目に入ってからでした。妊娠がわかってからは結構早い段階で飲み始めた方だと思います。

ただ、この時に葉酸のことを調べて気づいたのは、妊娠がわかってからよりも妊活を始めた段階つまり妊娠する前から葉酸サプリを飲み始めた方が良いということでした。というのも、なぜ葉酸が妊婦さんに必要なのかということにつながりますが、葉酸が胎児の神経系の成長に欠かせない大切な栄養素だからなのです。

しかも、胎児の神経系の成長は妊娠初期に急激に成長しますので、妊娠がわかってから葉酸サプリを飲み始めたのでは遅いかもしれないのです。私は不妊治療の一環で定期的に卵子の発育状況を病院で診てもらっていたので、ごく早い段階で妊娠にきづくことができたのでよかったですが、通常は妊娠に気づくのはもっと胎児の週数が経ってからではないでしょうか。

胎児の神経系が急激に成長する際に葉酸が欠乏すると重度の障害が出てしまう可能性があるのです。せっかく授かった赤ちゃんのためにも、できることは何でもしてあげたいですよね。もし、これからの妊娠を考えているのでしたら、妊活の一つとして、妊娠前から葉酸サプリを飲むことをお勧めします。

葉酸サプリ 無添加 天然

40代でシワにならないためのクレンジング法

40代でシワにならないためには、クレンジングの方法をしっかりとしておく必要があります。正しいクレンジング方法についてのやり方としては、最初にメイク落としをする前にきちんと手を洗っておきます。雑菌がつかないようにするためにもこの方法が適しています。手を洗ったら、きちんと乾かしておくようにしましょう。

クレンジングの順番については、先にポイントメイクから洗い落とすようにします。そして、クレンジング料の一回あたりの使用量についてはきちんと守るようにしましょう。使用量が多すぎても少なすぎた場合でも、メイク落としの効果を感じられなくなってしまうためです。

おでこや鼻のあたりを洗って、頬・目・口の順番で洗います。目や唇はデリケートな部分でもありますので、最後にケアしておいたほうが良いといえます。

使っているお湯の温度については、30度から32度くらいのぬるま湯がちょうどよいと言われています。この温度でメイク落としを行うと、毛穴から余分な皮脂などが浮き出しやすくなるためもっともメイク落としに適しています。

クレンジングを行った後は、タオルで水分を吸い取ります。あまり強くこすらないようにすることが大事なポイントです。保湿ケアを行うことについては忘れずにしましょう。クレンジング料の種類についてもいくつかあるので覚えておきます。最もシンプルなクレンジングの方法は専用のシートを使用する方法です。こちらは時間のないときにもできやすいことで人気があります。それから、外出先でも簡単にできます。

オイルを使用するタイプは、洗浄力の強さが人気の理由です。ただ、必要な油分や水分まで奪い取ってしまう可能性がありますので敏感肌に該当する場合は、場合によっては控えておくことも大事でしょう。

ミルククレンジングは、滑らかな手触りであり使用感が優しいことから支持されています。肌になじませる前に手のひらで温めておくと、より効果が出やすくなります。こうした方法や種類を覚えて正しく使用することで、40代でシワにならないようにできます。

洗い上がりしっとり!毛穴の汚れを落とすクレンジング紹介

ニキビ治療の種類と正しいニキビケア

ニキビとは、毛穴に古い角質や皮脂がたまることで引き起こされる皮膚の炎症性疾患です。
よくある症状のためセルフケアで治そうとする人も多いですが、皮膚の病気のため皮膚科で治療することもできます。
ニキビ治療の種類は様々なものがありますが、適切な治療やケアを行うことによって症状の悪化を防ぐことができ、早期治療につながります。

具体的な種類としては、炎症が発生している赤ニキビには抗生物質が含まれている外用薬が処方されます。
毛穴に詰まった古い角質や皮脂はアクネ菌などの菌によって炎症が起こるため、抗生物質で殺菌することで改善することができます。

炎症が重度の場合には、経口摂取で抗生物質を取り入れます。そうすることで内側から改善することが可能です。
ストレスなどの影響で女性ホルモンの分泌が減る、男性ホルモンが多くなるとニキビは出来やすくなります。

そのためホルモン治療によってホルモンバランスを整えるのも有効で、低用量ピルの処方や抗男性ホルモン薬の処方などが行われます。
ビタミン不足の場合には、ビタミン剤を処方されることもあります。
炎症していない場合には、毛穴の中に詰まった角質や皮脂を取り除きます。

よく行われるのが面皰圧出です。ニキビの先端にハリやレーザーで花を開けたら、専用の器具を使って毛穴の中身を押し出します。
自分で無理やり絞り出す人もいますが、穴を開けずに圧出すると圧力をかけた時に皮膚が破れてしまい、大きな穴が開いて跡が残ってしまいます。

ただしく圧出すればニキビの治りが早くなり、再発しづらいというメリットがあります。
保険治療ではありませんが、ケミカルピーリングも有効です。ケミカルピーリングとは皮膚表面に酸性の薬剤を塗って、毛穴に詰まっている古くなった角質や皮脂を溶かして除去する方法です。
余分な角質を取り除くことで皮膚の新陳代謝を高めて、皮膚の再生を促すためニキビ治療だけではなくシミやシワなどにも効果があります。

背中ニキビに効くクリームのランキング