趣味のダビスタで育てた馬の軌跡

マンハッタンエルフ
父 マンハッタンカフェ 母 エルフィンシューズ(エリモピクシー)
母父 ダンシングブレーヴ

開始5年目に、繁殖牝馬の頭数を増やす、拡張を考えていた矢先に開始5年目の2月にある繁殖牝馬セールに出展されていたのがこの馬の母であり、受胎済みとしてセールに出されていた。このセールに出ていた母の状況は「かなりの良血です」とのコメントが付いていた。受胎しているこの馬ももしかしたら面白い成績を残せるのではないかと思い、この繁殖牝馬の購入をし、何とか競り落として、同年の春に生を受けたのがこの牝馬。自牧場の関西担当である西川調教師の管理馬。本賞金2450万円。総賞金5220万円。生涯成績5戦5勝。自慢にならない自慢であるが何とかデビュー戦からラストランまで無敗で終わらせることに成功する。何とかしてやりたいが、ラストランから1年半近くもの間、全く結果を残せなかった事を踏まえれば最早6歳にもなっている以上は引退を決断せざるを得ないと言っていいだろう。勝鞍は長岡S、松前特別、500万下を2回勝利する。この4つにデビュー戦は未勝利戦を勝ちあがっていた。ただ、ちょっと気になるのは2000mでのレースが勝ったレースの4つを占めており、距離適性を見誤ったかもしれないという事は今後への反省材料として残しておかなければならないのではないだろうか。主戦ジョッキーなし。満杯で、成績もあげられていない為、繁殖牝馬にしないでそのまま引退させることとする。

改造車 車査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です