やるなら早めに、の学校役員

今年度、長男が小学校に入学したのでもれなく保護者はPTA役員を六年間のうちの二年間はノルマとしてやらなくてはならないと知りました。
雑用ならいざ知らず、役員なんて私はものすごくやりたくないけれど保護者はやるしかないのかと諦めています。
問題はいつやるべきか、ということ。
今年度は初めてだし不安だしで、立候補するのはやめました。
けれど、高学年の子供の親になればなるほど長をやらされる可能性が大きくなるらしいので、早めに済ませておきたいところです。
しかも、二歳差の下の子もいるからなんなら来年度から四年連続立候補してやってしまいたいくらいなのです。
とはいえ、小学校に子供が上がれば仕事を早く始めたい人も増えてくるので、来年度から役員は立候補者だらけになる予感です。
じゃんけんで決めるようなので、運が良ければ早めに役員を済ませられるのですが、もし子供が高学年になってから役員になったらと考えたら悲劇です。
私みたいな内気、人見知り、緊張しいな母親がじゃんけんで会長にでもなってしまったらと思うと考えただけでも、一気に気が遠くなりそうです。
やはり人には向き不向きがあるので、そういうのは強制的にやらせるべきではないと思います。
もちろん、自分の子供を預けてるのだから人前に出ないで出来るお手伝いならやる気はあるんですけどね。
早速来年度、役員になれたら良いなと思います。

ズバット車買取 評判 体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です