タティングレースでアクセサリーや小物作り

最近タティングレースを編むのを始めました。
タティングレースとは、タティングシャトルという道具と指を使いレース糸を編んでいき、アクセサリーや小物を作れます。
まだ始めたばかりで基本のモチーフを練習中ですが、慣れてきて少しスムーズに編むことができるようになってきました。
初めてモチーフをひとつ編み上げたときはとてもうれしかったです。
もくもくと編んでいると余計なことは考えずにいられるので、寝る前に無心で編んで少しすっきりして寝ます。
ただ頑張りすぎると肩がこるのが少し困るところです。
糸の間にビーズなども挟んで編むとまた趣が違います。
インターネットでタティングレースについて調べてみると、編む模様やモチーフ、そこから作るアクセサリーや小物も多種多様で、ネックレスやピアス指輪の他にブーケ、付け襟、バレッタ、バッグ等々載っていてびっくりしました。
中にはタティングレースでチェスの駒と盤を作っておられる方もいて、アイデア次第で本当にいろんな物を作れる奥深い趣味だなぁと思いました。
私はまだ始めたばかりなので作品といえるものは作れていないですが、これからコツコツと練習して、まずはSNSで紹介したり友人などにプレゼントできるような作品が作れたらいいなぁと思っています。車査定 高額

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です