食と睡眠についてのあれこれ

結構関係が深いって知っています?

睡眠薬の成分的な・・・とかではないですよ?

人間が夜正常に眠るための成分。

これを食事できちんととっているかどうかが夜眠れるかに結構大きく効いてきます。

トリプロファン、必須アミノ酸、GABA、グリシン、ポリフェノールなどなど聞いたことのある成分もあるかと思います。

眠りに必要な成分を分けると思に2つ。

脳をリラックスさせる成分

脳の働きを抑える成分

です。

似たような表現ですが、

リラックスさせる成分はこれから眠るぞ!といった感じで脳を休ませる準備に役立つ成分。

働きを抑える成分は眠った後に途中で起きずに連続して休息できる成分です。

前者はお肉や魚などに多く含まれていて、後者は穀物や豆、トマトなどに含まれています。

つまり、パスタやピザが眠るために必要な食材!

というわけではないです。

パスタやピザは眠るための成分も多く含まれていますが覚醒成分(胡椒やトウガラシ)も多く含んでいるので打ち消しちゃうんですよね。

あと、アミノ酸類は熱に弱いので出来れば生で食べれるものをお勧めします。

刺身やお寿司、サラダなどがベストですね。

あとは、逆にカフェインなど眠気を覚ます成分は寝る前にとらないように気をつけましょう。北の大地の夢しずく Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です